So-net無料ブログ作成

MAOSR [銃]

それではいよいよMAOSRでのトレーニングのレポートです。

最初は、ちょっとあいさつ程度に訪れただけなので、

軽く「ホームディフェンスコース」($200)でいいよって思ってたのだが、

なんじゃかんじゃあって、「タクティカルコース レベル1」($350)を受けることになった。

IMG_5474.JPG
これがトレーニングに使うチャモロ射撃場。

ワールドガンもこの射撃場を使っているので、行ったことがある人も多いかと。

MAOSRが使うのは一番手前のアルファーセクターだ。

IMG_5527.JPG
まず銃を選ぶ。

9mmと45口径を1つずつ選べと言うので、

ベタなサービスガンのベレッタ92とコルトM1911を選ぶ。

他にも、

IMG_5578.JPG
USPや、

IMG_5564.JPG
グロック19や、

IMG_5532.JPG
グロックタクティカルカスタムや、

IMG_5531.JPG
シルバー92や、

IMG_5533.JPG
キンバー?などがあった。

我輩の好みはSIG P226なのだが、残念ながらこの日はなかった。

拳銃を選んだら、次に散弾銃を選べと言われた。

IMG_5561.JPG
レミントン870は、「コレ持ってた」って言うたら、

IMG_5563.JPG
「じゃあこっち使ったらいいでス」って、ベネリ渡された。

IMG_5477.JPG
コツコツとマガジンに弾を詰める。

マニアだったらこんなひと時もドキドキなんだろうなあ~。

あれ? 我輩、マニア??

ちなみに、我輩、オーストラリア時代は地元のピストルクラブに所属していたので、

それなりに拳銃も撃ったことがあります。

IMG_5486 - コピー.JPG
「レディーポジションはこうでス」 ジョーから動きや手順を教わる。

IMG_5492.JPG
さあ、いよいよ開始。

IMG_5494.JPG
頑張って撃つ。

IMG_5538.JPG
さらに練習して、

IMG_5541.JPG
散弾銃も練習する。 必要か??

「タクティカル レベル1」ではドロウは行わず、全てレディーポジションからの射撃。

1マガジン撃ち尽くして、移動して、マガジンチェンジして、また撃つ。 これの繰り返し。

こんなことなら日本でマガジンチェンジの練習してから来ればよかった。

9ミリでやった後は、同じ手順を45口径でもやる。

IMG_5556.JPG
もうヘトヘト。 汗びっしょり。

レッスン終了後、

「カツ~、せっかく来たから9ミリ一箱あげまス」

って、ジョーが50発ほどくれたので、

USPとグロック19を撃つ。

やはり9ミリは撃ちやすい。

USP初めて撃ったけど、なかなかよかったよ。

確か特殊作戦群が使ってるんだよなぁ?

いいの使ってるんだなぁ。

IMG_5559.JPG
最後にジョーと記念写真。

次に「タクティカル レベル2」を受けるときは、ドロウとマガジンチェンジを日本で練習してから行こう。


Mesa Armory Outdoor Shooting Range


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0